特殊金属

どんな金属素材も買取可能な「有限会社ネオライン」では、主に金属の分類の仕方を3種類にわけています。

まず1つ目として、「特殊金属」という金属があります。それは、銅、ステンレス、アルミ、亜鉛などです。

【銅線】
銅線

【ステンレス】
ステンレス

【アルミ】
アルミ

この辺の金属は、普通の家庭でも結構、ごみとして出るものではないかなと思います。
例えば、キッチンの調理器具、アルミ缶、アルミホイル、ステンレスのゴミ箱、そして粗大ゴミとして出る家電製品の中にもけっこう亜鉛が含まれている様です。

こういうものも資源として積極的に回収・買取りしているのが「銀買取センター」です。

銀買取センターは、銀だけではなく、様々な貴金属をあつめ、それぞれ「金買取センター」、「銀買取センター」、「銅買取センター」、「プラチナ買取センター」、「非鉄買取センター」、「スクラップ買取センター」、「レアメタル買取センター」として「有限会社ネオライン」が、それぞれの事業を運営していますので、粗大ゴミとなる家電製品の中にたくさん様々な金属がまじりあっていても、まとめて送れば、いい買取金額になる可能性がありますので、まとまった金属がでれば、問い合わせてみるとよいでしょう。